こどもプログラミング

2020年小学校でプログラミング教育が必修化| 詳しい内容から実際の学校での取り組みまで徹底解説!

programming education elementary schools

「プログラミング教育」が2020年度から小学校にて必修となります。

現在の日本でも15万人以上の人材が不足し、2030年には最大79万人の人材不足が見込まれているIT分野での人材育成が急務となっています。

この状況を受けて

  • 2020年度より小学校にてプログラミング必修化
  • 2021年度より中学校にてプログラミング学習の強化
  • 2022年度からは高校の必修科目として「情報I」が新設

※中学校ではすでにプログラミングは必修化されています

そして、大学入試のセンター試験に代わって導入される「大学入学共通テスト」では

プログラミングを国語・数学のような教科科目としてテストに導入しようと検討されています。

今後、日本だけでなく世界中で必須のスキルとなるプログラミング

小学校必修化ではどのように教えていくのでしょうか

今回は小学校でのプログラミング教育の基本的な情報

  • 現在の状況はどんな感じなの?
  • プログラミング教育とはどんな内容?
  • 学校ではどうのように学ぶの?
  • 家庭での学習方法は?

こちらについて解説します。

これからは親が学んでこなかったことを子供が学ぶ時代

大人も知識のアップデートが重要となります。

今回の記事では「小学校プログラミング教育」について詳しく解説しますので

知識を吸収して今後の勉強にお役立てください。

小学校で学ぶ「プログラミング教育」とは

現状は…まだまだ手探りなプログラミング教育

小学校でのプログラミング教育について

文部科学省が目的や内容に関する資料を公開してくれているのですが、

資料を読み込んでの率直な印象は…

まだまだ手探り!!!

という感じなのです。

今回のプログラミング必修化について

文部科学省「小学校プログラミング教育の手引き」に

プログラミング教育の”めあて”や学習の方法などが書かれているのですが、

今年の2月に第3版が更新されたばかりでした。

第3改訂では、企業と連携して行う指導例、インターネットや教材の環境整備の重要性が追記され

学習の目的や理念が変わったわけではないので

教員研修を改めてやりなおす必要はない

と書かれていましたが

おおもとがこんな感じですから、現場も混乱している可能性があります。

小学校でのプログラミング教育の授業について

手引きにはこのように書かれてます。

学校の教育活動は、各学校の教育目標の下で、児童や学校、地域の実情等に応じて、各学校において創意工夫を生かした教育課程を編成して実施されるものであり、プログラミング教育も例外ではありません。

小学校プログラミング教育の手引(第一版)

つまり、授業内容に関しては学校の現場に任せるというスタンスなのです。

もちろん先生方もきちんと学んで教えてくれるとは思いますが

やはり教える内容にはバラつきが出てくると予想されます。

AIやロボットなどの普及状況を見ても、今後プログラミング教育はさらに重要で必須のスキルとなりますので

混乱で終わらないために、私達もしっかりと学び知識をつけていくことが大切です。

プログラミング教育のとらえ方

学校ではプログラミング教育をどのようにとらえているのでしょうか。

国語や算数のように「プログラミング」という教科があるの?

というと、そうではありません。

必修化 = 教科 

  • 1時間目 国語
  • 2時間目 算数
  • 3時間目 プログラミング

となるわけではないんです。

必修化はされるけど教科化するということではないんですね。

プログラミング教育と他の教科とのかかわりはこのように表せます

プログラミング教育
「小学校プログラミング教育の手引き」をもとに作成

小学校ではプログラミングを個別に学ぶのではなく

それぞれの教科にプログラミングを取り入れた授業が行われます。

プログラミングとはなにか?

小学校のプログラミング教育はプログラミング言語を学ぶことを目的とせず、あくまでも

プログラミングを使って何ができるか

を考える作業です。

そのためには、「プログラミングとは何か?」をきちんと知る必要があります。理解していなければ何ができるかを考えるのは難しいでしょう。

では、プログラミングとはなんでしょうか?

  • プログラム:コンピューターに与える命令そのもの
  • プログラミング:上の命令をコンピューターにすること

プログラムはこのような文字と数字の羅列です

…はい、よくわからないですね(^▽^;)

しかし、これを料理に例えるととてもシンプルです。

例えば、キャベツの炒め物をつくるとき

キャベツを切って→キャベツを炒めて→キャベツを盛り付ける

という流れになりますよね。

この「キャベツの炒め物」という料理をつくるための動作は以下の通り

  1. 切る
  2. 炒める
  3. 盛り付ける

この動作をソースコードで表したものが上の写真にあるプログラムです。

※ソースコード:コンピュータプログラムを表現する文字列。プログラミング言語で書かれている

では、もしこのプログラムがこの順番だったらどうなるでしょうか?

  1. 炒める
  2. 盛り付ける
  3. 切る

うまくいきませんよね。「キャベツの炒め物」を作るプログラムとして最適な動作は最初に提示した、切る→炒める→盛り付けるになります。

プログラミング教育とは

どのようにしたら最適な答えに近づくか

論理的に考え実行していくプロセスを学ぶこと

では、プログラミング教育はどうやって勉強したら良いのでしょうか。

先ほどの例にあったように「料理」はプログラミング的な思考を形成するのにとても良い練習になります。

料理をつくるために必要な食材(ソースコード)を考え、調理し(コーディング)、料理(プログラム)をつくる。

どうやったらより美味しく手早く効率的に料理が出来るか考えることがプログラミング的思考のトレーニングとなります。

他にも、例えばワンダーボックスのようなパズルやゲーム、プログラミングができる教材ソフトを使用して家庭で楽しみながらプログラミングに親しむこともできます。

パズルやゲームを通して、この方法ではダメだったけど、この方法はできる?と試行錯誤を繰り替えすことで自然と論理的な思考を身に着けられます。

学校でのプログラミング教育

computer classroom

学校ではプログラミング教育をどのように教えるのでしょうか

学校での具体的な授業例

2020年度プログラミング必修化に先駆けて、モデル校ではすでにプログラミング教育を取り入れた授業が行われています。

実例があると、プログラミング教育をどうやって学ぶかイメージしやすくなると思いますので、

文部科学省の「小学校プログラミング教育の手引き」に紹介されている

実際のモデル校の授業で行われたプログラミング教育の実用例をご紹介します。

例1: 算数 

  • 正多角形をプログラムを使ってかいてみよう
  • 小学校5年生
  • 利用教材:Scratch(スクラッチ)
  • 正多角形を手書きした場合とコンピュータ(Scratch)で書いた場合の違いについて確認する

例2:理科

  • 電気を効率よく使う方法を考えよう
  • 小学校6年生
  • cLEGO Education WeDo 2.0
  • 自分達の生活のなかで電気を利用している場面を考え、どのようにしたら電気を有効的に利用できるか考える。スイッチのオンオフをプログラミングし制御することで効率的に電気が使用できる仕組みを構築する。

例3:音楽

  • 様々なパターン・リズムを組み合わせて音楽をプログラミングする学習
  • 小学校3~6年生
  • 音楽創作用ソフト・プログラミング言語
  • 創作用ソフトを利用し、あらかじめ用意されているリズムやメロディーを組みわせて作曲する。

例4:総合的な学習の時間

  • 未来の宅配便のアイディアを考えよう
  • 小学校5年生
  • 利用教材:mBlockmBot
  • ヤマト運輸の担当者をゲストに招き宅配のシステムを学ぶ。仮の街を作成し、住人のニーズにあわせた動きをmBotにプログラミングし動かしてみる。

例5:特別活動

  • パソコンクラブにてプログラミングを体験する
  • 小学校4~6年生
  • 利用教材:BBC micro:bitScratchViscuit, embot
  • 作品をつくったり発表する機会からプログラミングを学ぶ

いかがでしょうか。

「プログラミング教育」が想像していたものと少し違ったかもしれません。

どうやったら物事が効率的により便利になるか

これからの私たちの生活をより良くするためにコンピューターでは何ができるのか?を考えるのがプログラミング教育の重要な役割です。

プログラミング教育で成績はつくの?

文部科学省の「小学校プログラミング教育の手引き」にはプログラミング教育の成績のつけ方についてこのように書かれています。

プログラミングを実施した際の評価については、あくまでも、プログラミングを学習活動として実施した教科等において、それぞれの教科等の評価規準により評価するのが基本となります。すなわち、プログラミングを実施したからといって、それだけを取り立てて評価したり、評定をしたりする(成績をつける)ものではありません。

小学校プログラミング教育の手引(第一版)

プログラミング教育は教科ではないので成績はつきません。

算数や理科の中でプログラミングのスキルを使うので、その教科で成績がつくようになります。

成績がつかないのであればプログラミングは勉強する必要がないように思いますが、世界的な流れをみても、今後プログラミング的な思考は重要になります。

プログラミング教育の重要性

computer study

学校で成績がつかないのであればプログラミングを詳しく勉強する必要はないのでしょうか?

学校の勉強においてはプログラミング自体を学ぶ必要はないかもしれません。

しかし、これからの子供たちにとってプログラミングのスキルや考え方はとても重要です。

事実、プログラミングをふくめたSTEAM教育がアメリカを筆頭に世界的に広まりをみせています。

なぜ世界中でプログラミング教育が重要視されているのでしょうか。

それは、プログラミングがこれからの時代に必ず必要となる知識とスキルだからです。

AIの市場規模と今後について

調査会社の富士キメラ総研はこのように発表しています。

2018年の市場規模が5,301億円なのに対し、2030年度には2兆1,286億円の市場へ拡大すると予想。

AIは今後確実に伸びていく分野であり

その分野で確実に必要なのがプログラミング

ということです。

家庭での学習方法

study at home

プログラミングの重要性はわかりました。

しかし、学校ではプログラミング的思考を学んでも、プログラミング自体を学習することはないので

個々で取り組む必要があります。

最近はニーズの高まりを受けて子供向けのプログラミングスクールが増えています。

でも、子供の頃からプログラミングスクールに通うのは難しそう…

と思う方もいるかもしれません。

その場合は、先ほどご紹介した「料理のお手伝い」子供向けプログラミングの絵本から入るのが良いと思います。

実際にScratch(スクラッチ)などのソフトを独学で極める子供達もたくさんいます。

ただ、モチベーションの維持や

先生からスキルや考え方を効率的に学びたいのであれば

スクールという選択肢も”あり”だと思います。

自宅でできるオンラインクラスや

英語でプログラミングを学ぶクラスなど

時代にあわせたレッスンをあつかっているスクールもあり

オンラインであれば送り迎えを気にせず効率的に学ぶことができます。

無料体験が可能なスクールもあるので一度体験してみて

続けられそうか見てみるもの良いでしょう。

プログラミングを使った職業は今後伸びる分野ですし

論理的視点を持つことや、試行錯誤をした経験は必ず将来に役立ちます。

プログラミングが学べる教室

【D-SCHOOL オンライン】

オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング
  • オンラインで学べるプログラミングスクール
  • プログラミング&英語で学ぶオンラインクラスあり
  • 他にもマインクラフトや、とことん自分が学びたいことをつきつめられる個別指導コースがあります
  • 14日間無料トライアル受講可能

【アーテックエジソンアカデミー】

プログラミング重視のロボット教室なら、エジソンアカデミー
  • 全国45都道府県 約900教室があるロボット・プログラミング教室
  • 「スクラッチ」をベースにしたオリジナルカリキュラム
  • 毎月1体のロボットを組み立てプログラミングをします
  • コース終了後はエキスパート編としてより高度なロボット製作にトライ可能
  • 国際大会(URC)に出場することも可能
  • 2年間のコース(7、8歳~)
     年長からのプログラミングは「自考力キッズ」で学べます
パズル・ロボット・プログラミング、全部できるのは、自考力キッズ

家庭でプログラミングが学べる教材

【Z会プログラミング講座 with LEGO® Education】

無料資料を取り寄せる【Z会プログラミング講座】

通信教育で長年の実績があるZ会が行うプログラミング講座

無料資料請求はこちら

【Afrel/ アフレル】

レゴ ロボットで学ぶ小学生向けプログラミング教材

学校の理科の授業例に出てきた「電気を効率よく使う方法を考えよう」のクラスにて使用していた LEGO WeDo 2.0 や教育版レゴ マインドストームにてプログラミングを学びます。

【WONDERBOX/ ワンダーボックス】

感性と思考力がぐんぐん伸びる【WonderBox】

プログラミングだけでなく、アート・パズル・ゲームなどSTEAM教育の領域を楽しみながら学べる通信教材。感性と思考力をひきだす仕掛けがたくさんあります。

絵本で学ぶプログラミング

パソコンやタブレット学習を始める前に絵本で学びたい方へ

プログラミングを学べる絵本といえばコレ!という有名な絵本をご紹介します。

「ルビィシーリーズ」

プログラミングへの導入として最適な絵本です。可愛らしいイラストと謎解きのストーリーにそって進んでいくことで自然とプログラミング的な思考を体験することができます。

「ルビィのぼうけん」シリーズ全4巻

ルビィシリーズは全部で4巻あります。プログラミングだけでなく、コンピューターやインターネット、AIについてルビィと一緒に学びましょう。

小学校プログラミング教育 必修化のまとめ

 

2020年度から始まると言われてはいるものの、

いまいち情報が出てこないプログラミング教育

現状ではまだまだ手探りだということがわかりました。

プログラミングは教科として勉強するのではなく、算数や理科のカリキュラムをコンピュータやプログラミング思考を使って学びます。

これから小学生でも一人一台タブレットやパソコンが支給されるようになり、より本格的なICT教育が実施される時代

今回の記事がこれからの教育において重要とされる

プログラミング教育の今を知り

将来を見すえた学習設計の助けになれば幸いです。

こちらの記事もおすすめ!